こよみ台湾

東洋思想の勉強記録と台湾あれこれ

60年, 60日でひと回り <五虎遁と五鼠遁>

旧暦が載っているカレンダーに書いてある「丙甲」「壬寅」「乙酉」などの字が何を表しているか、ご存知ですか?

 

私たちは年月を表すのに、2022年2月1日午前8時のように数字を使いますよね。

 

古代中国では、数字を使う代わりに、 [年、月、日、時間] をそれぞれ十干と十二支を組み合わせた60通りの言葉を使って表していました。

 

この記述法は紀元前17世紀ごろから始まった殷王朝の時代の甲骨文には既に書かれていたそうです。

 

十干 [甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸] 

十二支 [子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戍、亥] 

 

これらを 甲子、乙丑、丙寅、、、のように組み合わせていき、十干は6周 10x6=60、十二支は5周 12x5=60 してまた甲子に戻ってきます。

 

十干と十二支の中国語発音はこちら↓

www.youtube.com

www.youtube.com

 

 

60通りあるので、年は60年で一回り(還暦60歳)

月は60ヶ月、5年で一回り

日にちは60日、2ヶ月ほどで一回り

時間は1日を12に割るので(60÷12=5)5日で一回りします。

 

1、年

f:id:koyomi-taiwan:20220116223829p:plain

上は60通りをまとめた表です。

今年2022年(正式には旧暦1月1日から)は39番目の壬寅年(みずのえ とら年 ren2yin2) になります。 

60年後の2082年にまた壬寅年がやってくるということですね。

 

2、月

 

古代中国周代では冬至(子の月)を新年としていたそうですが、漢の時代になると正月が寅の月(立春)に変わりました。

 

5つの寅が巡って、5年で一回りするので、五虎遁(ごことん)と呼ばれています。

 

5は10 (十干)の公約数なので、たとえば甲が入っている年は、いつでも丙寅から始まります。

 

f:id:koyomi-taiwan:20220116233345p:plain

2022年は壬寅年で「壬」が入っているので、右から2番目の「丁と壬の年」の列になります。

2022年の旧暦1月は壬寅の月ということですね。

 

 

中国語で覚える、旧暦カレンダーがなくても、年さえわかれば何の月かわかる五虎遁を覚える句↓ (每日頭條【週一入門-五虎遁元】から引用しました。)

 

甲己之年丙作首 (jia3 ji3 zhi1 nian2 bing3 zuo4 shou3)

乙庚之年戊為頭    (yi3 geng1 zhi1 nian2 wu4 wei2 tou2)

丙辛之歲尋庚上    (bing3 xin1 zhi1 sui4 xun2 geng1 shang4)

丁壬壬寅順水流    (ding1 ren2 ren2 yin2 shun4 shui3 liu2)

若問戊癸何方發,甲寅之上好追求 (ruo4 wen4 wu4 gui3 he2fang1 fa1,jia3 yin2 zhi1 shang4 hao3 zhui1 qiu2)

 

甲(きのえ)と己(つちのと)の年は丙寅(ひのえとら)から

乙(きのと)庚(かのえ)の年は戊寅(つちのえとら)から

丙(ひのえ)と辛(かのと)の年は庚寅(かのえとら)から

丁(ひのと)と壬(みずのえ)の年は壬寅(みずのえとら)から

戊(つちのえ)と癸(みずのと)の年は、甲寅(きのえとら)から

 

3、日

日にちは60日、2ヶ月ほどで一回りします。

 

しかし、毎月の日数が違うため、各月の同じ日が同じ干支になるわけではありません。 

 

よって、万年暦を見てその日の干支を調べるしかないようです。

 

f:id:koyomi-taiwan:20220124155410j:plain

2022廖淵用通書便覽から

 

4、時間

時間は1日を12の時間枠に分けて、干支を振り当ててあります。

 

60時間枠で一回りするので、60÷12=5、5日で元の干支に戻ってきます。

 

月の干支は虎が先頭でしたが(五虎遁 ごことん)、時間は五鼠遁(ごそとん)という「子」を先頭にする方法を使います。

 

どの日も23−01時は「子」が入っていますね。 23時になったら、次の新しい日になるということですね。

 

f:id:koyomi-taiwan:20220117221748p:plain

中国語で覚える、旧暦カレンダーがなくても、日さえわかれば時間の干支がわかる五鼠遁を覚える句↓ (每日頭條【週一入門-五虎遁元】から引用しました。)

 

甲己還加甲, 乙庚是丙初 (jia3 ji3 hai2 jia1 jia3,yi3 geng1  shi4 bing3 chu1)

丙辛從戊起, 丁壬居庚子 (bing3 xin1 cong2 wu4 qi3,ding1 ren2 ju2 geng1 zi3)

戊癸在何方, 壬子便即是 (wu4 gui3 zai4 he2 fang1,ren2 zi3 bian4 ji2 shi4)

 

甲(きのえ)と己(つちのと)の日は甲子(きのえね)から

乙(きのと)庚(かのえ)の日は丙子(ひのえね)から

丙(ひのえ)と辛(かのと)の日は戊子(つちのえね)から

丁(ひのと)と壬(みずのえ)の日は庚子(かのえね)から

戊(つちのえ)と癸(みずのと)の日は、壬子(みずのえね)から

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

今日は数字を使わずに、年月日時を表す六十干支(六十甲子)のしくみを勉強しました。 旧暦が載っているカレンダーの意味がわかるって嬉しいですね。

 

引き続き、東洋思想の基本の部分を勉強していこうと思います。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。