こよみ台湾

東洋思想の勉強記録と台湾あれこれ

覚えやすい!八卦記号と意味をイメージで結びつけて覚える方法をご紹介

「これ、どうやって覚えるの?」 八卦の名前はなんとか覚えられても、名前と記号を一緒に覚えるのってとても難しいですよね。

実は、八卦記号もイメージと結びつけてしまえばに、ものの数分で覚えられてしまうんです!

私も全然覚えられなくて苦戦していたのですが、吳尚易老師のユーチューブ(中国語)で習った方法を使ったら頭にスッと入ってきて、あっという間に覚えることができました。

吳先生のユーチューブでは2つの覚え方を習いました。中国語が母国語の方はリズムで覚える2番目の方法の方が覚えやすいと思いますが、日本人には断然1番目の方法の方が覚えやすいと思います。

八卦の記号と意味をとにかくサクッと覚えたい!と思っている方、是非この記事をご覧くださいね! 

読み終えたころには、八卦の名前を見た時に、記号を思い浮かべられると思います。

 

 

(その前に、八卦の中国語の発音を知りたい方はこちらをご覧ください↓)

 

● 八卦の名前を中国で言えるように練習

www.youtube.com

1、記号とイメージを結びつける方法

  • 乾是動的   ☰
  • 坤是靜的   ☷
  • 地震只有地在動   ☳
  • 天上的雲在飄   ☶
  • 週動芯不動   ☲
  • 兩岸不動河水動   ☵
  • 表面不動下面動   ☱
  • 地不動上面動   ☴

 

(八卦の覚え方のフレーズを中国語で言えるようになりたい方はこちらをご覧ください↓)

youtu.be

全てにおいて、陽爻⚊は動くイメージ、陰爻⚋は静かなイメージを使って覚えていきます。それでは、一つずつご説明していきます。

乾是動的   ☰  (乾は動いている)

qian2 shi4 dong4 de

乾(けん)の正象は「天」です。

三爻とも陽(動く)のイメージです。空(天)で動いているものを3つ思い浮かべてみてください。太陽、月、星座でも良いですし、雲、飛行機、鳥等何でもよいです。空で動いている3つのもと「乾」を結びつけて覚えます。

 

坤是靜的   ☷ (坤は静か)

kun1 shi4 jing4 de

坤(こん)の正象は「地」です。

古代、今のように電車や車が走っているわけでもいなかったので、大地は静かなものという認識でした。(地震は別ですが)

個人的には地に関わるもので、3つ静かなものを思い浮かべた方が覚えやすいと思いましたが、呉先生は「地は静か」と覚えると仰っていました。

 

地震只有地在動   ☳(地震は地だけ動く)

di4zhen4 zhi3you3 di4 zai4 dong4 

地震の時、天空は動かず(静)地だけが動きます。

上二つの爻は陰で(静、動いていない)一番下の爻だけ陽(動いている)なので、震(しん)は地だけ動いている地震のイメージと結びつけて覚えます。

ちなみに、古代の人は雷(震の正象)は地面から作られると考えていました。地面が陽(動く)になることによって、雷が発生するということですね。

 

天上的雲在飄   ☶(空の雲が動く)

tian1 shang4 de yun2 zai4 piao1

艮(ごん)の正象は「山」です。山登りをして頂上まで行くと、足元(地)は静かで、空の雲のみが動いています。

一番上の爻は陽(動いている)で下2つの爻は陰なので、艮は空だけが動いているイメージと結びつけて覚えます。

 

週動芯不動   ☲(周りは動き芯は動かない)

zhou1 dong4 xin1 bu2 dong4

離(り)の正象は「火」です。

火は周りは揺れて動いていますが、芯の部分は動いていないように見えます。

上と下の爻が陽(動いている)、真ん中が陰(動いていない)イメージと結びつけて覚えます。

 

兩岸不動河水動   ☵ (両岸は動かず河水が動く)

liang3 an4 bu2 dong4 he2shui3 dong4

坎の正象は「水」です。

川(河)の両岸の地が静かで、川がその間を流れているイメージを、上と下の爻が陰(静か)、真ん中が陽(動いている)と結びつけて覚えます。

 

表面不動下面動   ☱(表面は動かず下面が動く)

biao3 mian4 bu2 dong4 xia4mian4 dong4

兌の正象は「沢(澤)」です。

湖や沼地は、表面は動いていないように見えますが下の方は水が流れています。 

このイメージを一番上の爻が陰(動いていない)下2本が陽(動いている)と結びつけて覚えます。

 

地不動上面動   ☴ (地は動かず上面が動く)

di4 bu2 dong4 shang4 mian4 dong4

巽の正象は「風」です。 

静かな地面の上を風が吹いているイメージを、爻の組合せ(一番下の爻が陰、上2つの爻が陽)と結びつけて覚えます。

 

 

2、 3文字リズムで卦の形を覚える(中国語だと覚えやすい)

  • 乾三連   ☰
  • 坤六斷   ☷
  • 震仰盂   ☳
  • 艮覆腕   ☶
  • 離中虛   ☲
  • 坎中滿   ☵
  • 兌上缺   ☱
  • 巽下斷   ☴

 

 

乾三連   ☰ 乾は3連なり

qian2 san1 lian2

乾(けん)は最も覚えやすい卦ですね。陰は棒が切れているのに対し、陽は繋がっているので、3つ繋がっている棒があるというふうに覚えます。

 

坤六斷   ☷  坤は6断ち

kun1 liu4 duan4

坤(こん)は切れた短い棒が6本あるので、6断と覚えてしまいます。

 

震仰盂   ☳  震は仰向けの盂(お椀)

zhen4 yang3 yu2

は古代のお椀、鉢のようなものです。仰は仰向け(上向き)という意味です。つまり、震(しん)は上向きのお椀という意味です。卦を見ると、上向きのお椀のような形ですね。次の艮覆腕とセットで覚えると良いと思います。

 

艮覆碗   ☶ 艮は覆った碗

gen4 fu4 wan3

艮(ごん)は震の逆の意味です。卦を見ると、お碗がひっくり返ったような形をしています。

 

離中虛   ☲ 離の中は虚(空っぽ)

li2 zhong1 xu1

「離中虛」と次の「坎中滿」はセットで覚えます。陽は満(満たされている)、陰は虛(空っぽ)のイメージで卦の形を見ます。離(り)は中が空っぽという意味の通り、上と下の卦が満たされていて、真ん中の爻が陰で穴が空いたように見えます。

 

坎中滿   ☵ 坎は中が満

kan3 zhong1 man3

「坎中滿」は「離中虛」の逆で上と下の爻が虛(空っぽ),中が陽で満たされています。

 

兌上缺   ☱  兌は上が缺(欠けている)

dui4 shang4 que4

兌は下二つが陽で満たされていて、一番上が缺(欠けている)という意味です。

 

巽下斷   ☴ 巽は下が断(切れている)

xun4 xia4 duan4

巽は上二つが陽で満たされていて、一番下が切れている(断)という意味です。

 

 

いかがでしたでしょうか。

記号に意味づけができると、頭にスッと入ってきますよね。

呉先生の方法以外にも、数え切れないほどの覚え方があるので、随時更新していこうと思います。一番しっくりくる覚え方を使って、八卦の名前と記号を一緒に覚えてくださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。